※当サイトはプロモーションを含みます
MIRAISEと物販oneの副業詐欺の疑いを徹底検証 !【かずくん】
当サイトはプロモーションが含まれます。

こんにちは、せんごくです。

今回は、「MIRAISE(ミライズ)」いう副業について怪しい副業なのか?それとも稼げる副業なのか検証していきます。

「MIRAISE(ミライズ)」は、誰でも簡単に稼ぐことができる副業のようですが、怪しい副業である可能性もあります。

なので、実際に稼げるのか口コミや評判を調査していきながら解説していきます。

実際の結果を先にお伝えします。

調査結果から言えるのは、「MIRAISE(ミライズ)」は怪しい副業である可能性が高いため、お勧めできません。

せんごく

徹底的に調査を行った検証をしています!
皆さまの参考になれば幸いです。

「本当に稼げる副業」を探しているあなたのための記事ですので、最後までぜひお読みください。

\稼げる人続出と話題/

「MIRAISE(ミライズ)」と「物販one」について

ある日、読者の方から「MIRAISE(ミライズ)」と「物販one」という副業についてもっと知りたいとLINEで聞かれました。

私は趣味で悪い副業やツールを調べているので、喜んで調べることにしました。

「MIRAISE(ミライズ)」は、「楽に副業で毎月100万円稼げる」と言われています。

これはとてもすごいことなので、本当かどうか調べてみたいと思います。

副業で毎月100万円稼げるなんて、すごく魅力的ですよね。なぜこんな噂があるのか、私も知りたいです。

また、「副業物販で月収100万円稼ぐ」という無料の動画講義もあります。この講義は、物販で年商1億2000万円稼いだ人が教えてくれるそうです。

せんごく

これが本当ならすごい!

でも、もっとちゃんと調べてみることが大事だと思います。

私のブログでは、読者の皆さんが副業について心配しないように、副業の評判や詐欺情報を集めて検証しています。

皆さんが副業をする時に、悪い詐欺にあわないように、信頼できる情報を提供したいと思います。

MIRAISE(ミライズ)への登録

最初にミライズのウェブページを確認。そこには「大金を稼げます」といった宣伝文句が目立ちましたが、実際の業務内容については詳細が書かれていませんでした。

次に、より深く理解するため、自らミライズに登録を試みることに。必要だったのはメールアドレスのみ。入力後、次のステップに進もうとしたところ、ページが表示されず困惑しました。

しかし、登録したメールアドレスには正しく連絡が届いていました。そのメールには、LINEを通じて特別な動画を見るためのリンクが含まれていました。

LINEに登録後、すぐに「無料ビデオ」というメッセージが送られてきました。このビデオを視聴することで、ようやくこの副業が「せどり」であることが明らかになりました。

せどりは、低価格で商品を仕入れて高く売る活動。この方法で利益を得るというわけです。

「せどり」と戦略的物販ビジネスの詳細:MIRAISEについて

「せどり」という言葉は一体何を指すのでしょうか。

それは、物流業界のビジネス領域の一角を占める戦略の一つで、手に入れた商品を安価で仕入れてから高値で販売することで、その間に生じる金額の差分によって利益を得るという取引方式を指します。

このビジネスを行うにあたって勘違いされがちなことは、それが労力や時間をほとんど必要とせずにできるという考え方です。

しかし、現実的に見て多くの場合はかなり厳しい状況になることが予想されます。

具体的な手続きとしては、初めに登録作業が必要です。

そして、動画コンテンツを視聴することになりますが、その動画が終わるとそれがビジネスの一連の流れの終了となります。

ここで、物販に関するセミナーへの参加のために、あるボタンをクリックすることが要求されます。

ところが、そのボタンを押すと新たなLINEアカウントの作成が求められます。

そのアカウント名は「コハク」という名前です。

一体誰がこのアカウントを管理しているのでしょうか。

その詳細は不明ですが、このアカウント管理者からは、セミナーへの参加に先立つ事前アンケートの記入が要求されます。

アンケートには、物販活動に投入することのできる予算や使用可能なクレジットカードの有無など、ある程度の個人情報を記入する必要があります。

そして、不思議なことにこれらは全ての項目が必須入力となっています。

これにはリスクを感じる人もいるかもしれません。

特に、自身のクレジット情報が不正使用されるという可能性があると考えると、心配な方も少なくないでしょう。

そのため、この段階で多くの人が登録過程を中断するかもしれません。

そして、MIRAISEという名前のある有料オンラインスクールへ誘導されることになります。

そのオンラインスクール自体が無料であるという情報は明示されていないにも関わらず、動画視聴後にはMIRAISEの有料教材を購入するよう勧められます。

MIRAISEの料金システムは、例えば「Twitter攻略コース」「メルカリ物販コース」「Amazon新品コース」「Amazon中古コース」などという名前の各コースがあり、それぞれ59,000円から受講が可能です。

また、Zoomを利用したオンラインの講座や仕入れリストなど、それぞれのコースごとに特典も付与される形になっています。

このようなオンラインスクールとしての価格設定は、妥当な金額と考える人もいれば、高すぎると感じる人もいるでしょう。

しかしながら、この教材だけで効率よく収益を得ることができるわけではないという認識は必要でしょう。

加えて、「かずくん」が運営する異なるスクールへの加入も勧められます。

その方法として、特定のLINEアカウントへの友達追加が求められます。

その中で、副業に関する悩みなどについてご相談を受け付けています。

物販スクール『物販ONE』の真実と料金設定について

「MIRAISE(ミライズ)」が運営する無料動画からの勧誘が本体であるという点です。

散見される"稼げる"というドラマチックな誘導表現は、言わばエサで、その背後にはミライズの有料会員への勧誘と、その上で『物販ONE』への勧誘が主目的といえます。

ただし、一義的にはこうした勧誘自体を否定するものではありません。

いわゆる宣伝や広告と同様のものであり、別の案件でも同様の活動がみられます。

一方で問題視すべきは、提供される有料プランの料金設定と、それに見合った本当の価値があるのかという部分です。

具体的には、物販ONEの感じていただけるコース料金はA:38.5万円、B:55万円、C:99万円の三種のプランがあり、一律入会金5万円が求められます。

最大で100万円近くの投資が必須となります。

そうなると、果たしてその投資額に見合った価値が得られるのか?また、せどりの方法論で本当にその金額に見合った価値が出るのかという疑問が湧きます。

なかでも、この高い料金設定が疑念を呼んでしまう人々が多く、証拠として最近は、物販oneのyoutube広告が増えていることをあげられます。

セドリエキスパートとして知られる"かずくん"が出ている広告をよく見かけますし、また、"コハク"と名乗る人物が出ている広告も物販oneのものが多いという印象を持っています。

これらの具体的な状況からも、ミライズと物販oneの間には明らかな関連性が存在すると推測できます。

ただし、物販の世界で収入を得るために物販oneで学んだとしても、その後稼げるかどうかは個々の人の実力次第となるわけです。

この規模で行われるスクールや講座は最近多く存在しますが、どういったものを選択したとしても最終的には自身のモチベーションや能力に依存します。

それだけの金額を投じてでも物販oneの洗練された教材が必要であるかどうかは、自らがしっかりと見極めるべき問題と言えるでしょう。

物販は基本的に差益による利得なので、一度に大金を得るということは稀です。

この点についても、十分に理解しておくべきかと考えます。

物販スクールへの参加への注意喚起と、その具体的な課題とリスク

本格的な物販ビジネスを始めるには、健全な精神力と根気が求められます。

その理由としては、一定の期間、取引を続けなければならないという点が挙げられます。

このような状況下で、可能性があるのは、時間を投資し続けることが可能な人だけです。

もし結果として利益を生み出さなかった場合には、その結果に対処するための時間やリソースを持っている人だけが対応できます。

また、スクール料金という非常に高額な初期投資をしても、その返済や利益を生み出すまでには時間がかかります。

その時間をかけてでも利益を追求するための「差益」を理解し、それを踏まえた上での売買戦略を立てることが出来る人のみが、実際に利益を出せる可能性があります。

物販oneのようなスクールでは、参加すること自体を否定しているわけではありません。

しかし、必ずしも利益を出せるとは限らず、利益を出せない人もいるという可能性を十分に考慮しなければなりません。

そして、物販ビジネスを始める際の主な負担となる「初期費用」について注意しなければなりません。

これは、物を直接購入する「仕入れ」のコストを示しています。

これには、言わわずと知れたせどりも当然含まれます。

物販ビジネスの利益は、多くても20%程度にしかなりません。

それゆえに、100万円の利益を得るためには、少なくとも500万円分の商品を購入しなければなりません。

さらに加えてスクール費用を含むと、初期投資は非常に大きくなります。

これらの費用をすべて賄うためには、かなりの額の貯金が必要となります。

それがなければ、物販ビジネスが成功する見込みはないでしょう。

また、購入した商品が売れなければ、それはただの損失になります。

物販ビジネスを始めようと考えている場合、これらのリスクを十分に理解した上で行動することが非常に重要です。

その一環として、参加を検討しているスクールの運営会社のバックグラウンドを調査することも有用です。

例えば、MIRAISE(ミライズ)の運営会社である株式会社Smart Lifeは、そういった一環の一部としてリサーチすべき項目です。

このビジネスに参加する際には、持続力や公に根気が絶対に必要となります。

継続的にビジネスを行って利益を得るためには、そのための一貫性を保つことができる人物の存在が重要になるでしょう。

もしもそれが欠如している場合は、利益を増やすことが困難であると予想されます。

さらには、高価なスクール料金を支払うという大きな投資を行った上で、その投資を回収し、それを利益につなげるまでにはかなりの時間が必要となることを理解しておかなければなりません。

また、このビジネスでは売買の「差益」が利益につながるという点も理解する必要があります。

そのため、時間をかけて事業に取り組むことができる人の方が少しだけ優位に立つことができると言えるでしょう。

そして、物販oneと呼ばれるビジネススクールを否定するつもりは全くない事を断っておきます。

なぜなら、そこから利益を得ることができる人も存在するかもしれないからです。

しかし、同時に利益を得られない人も存在する可能性があるという事実も覚えておかなければならないでしょう。

このビジネスに対する当初の投資や時間がどれだけあるかについては、自分自身でしっかりと考えておくことが必要です。

物販ビジネスにおける「初期費用」が重要なのは、ここまで述べた物と同様に、仕入れに関する問題となります。

これは、仕入れが必要となる他の物販ビジネスでも同じことが言えます。

物販ビジネスにおける利益率は粗利で見ると、せいぜい20%程度です。

もし100万円の利益を得ることを目指すのであれば、少なくとも500万円分の商品を仕入れる必要があります。

その上で、スクールの料金を足すと、初期の投資額はどれほどになるのか…。

これだけ考えるだけでも頭が痛くなりそうです。

また、貯金がなく、人脈がなく、ビジネス知識がない初心者がこのビジネスで成功することをうたった場合、そういった状況で本当に利益を得ることができるかどうかも十分に考えなければなりません。

そして仮に、あなたが仕入れた商品が売れなくては利益にはならない事実は明らかです。

仮に、商品が回収できなかった場合、それは直接的な損失を意味します。

これらのことは、物販系の副業を始める際には必ず考えておくべき点です。

MIRAISE(ミライズ)の運営会社について疑問を持っているのであれば、確認してみる事を強くお勧めします。

MIRAISE(ミライズ)の運営会社は株式会社Smart Lifeという会社です。

何かしら不審な点を感じたら、絶対に運営会社について調査してみるべきです。

MIRAISE(ミライズ)の運営会社の情報

さっそくですが、「MIRAISE(ミライズ)」を運営しているのは株式会社Smart Lifeという会社です。彼らのウェブサイトには特定商取引法に基づく表記がありますので、それを詳しく見てみましょう。

まず、この会社の販売者名は「株式会社Smart Life」であり、統括責任者は「森谷和正」氏となっています。

そして会社の所在地は、神奈川県横浜市西区伊勢町1-71-3(郵便番号は220-0045)と記載されています。

また、連絡先の電話番号は「080-4346-0718」となっていて、メールアドレスは「kazukun.keio@gmail.com」です。

この会社は法人登記をちゃんと行っている会社の様子です。

しかし、一つ気になる点は、その連絡先が携帯電話の番号であることです。

一般的に大きな規模の会社が携帯電話を公式な連絡先とすることはあまり見られないため、ちょっと会社の規模を疑ってしまいます。

確かに、個人事業主や小規模な会社では携帯電話を連絡先として記載することが多いですが、「1200億稼いでいる」とうたっている会社が携帯電話を登録するとは考えにくいですよね。

ただし、法人登記だけをしているだけで、実際の事業運営は違う場所(別オフィス等)で行っている場合もあるので、必ずしも携帯電話番号が問題とは言えません。

次に、所在地についてですが、現地を訪れたことはありませんが、住所の表記から見ると、普通のマンションのようですね。

そして、このマンションが会社の本社となっている可能性がありますが、やはり規模が大きな企業であれば、通常はオフィスビル等で実態があると考えられます。

さらに、この会社が運営している「物販one」などでかなりの利益をあげているはずなのに、その規模感がこれに見合っているのかという疑問が浮かびます。

一体全体、そのショップで本当に大きな利益を上げているのでしょうか?それとも何か裏があるのでしょうか? 最後に、"かずくん"と呼ばれる人物についてですが、この人物と株式会社Smart Lifeの森谷和正氏とは同一人物かもしれません。

ネットで「かずくん」を検索してみると、彼が「MIRAISE」を推奨していたり、「物販one」を運営しているなどの情報が見つかります。

「かずくん」のプロフィールによると、彼は1997年生まれで、慶應大学に入学したが企業を立ち上げるために休学し、その後成功を収めたとされています。

しかしこのような経歴が本当に事実なのか、それともただの自己PRなのかは、Twitter等のSNSで彼がどのように振る舞っているかを見るとなんとなく推測できるかもしれません。

ご覧いただきたいのは、ある販売事業者の特定商取引法に基づく表記です。

その販売事業者とは、「株式会社Smart Life」であり、販売統括責任者は森谷和正氏と名付けられています。

具体的な所在地は、神奈川県横浜市西区伊勢町1-71-3となっており、郵便番号は220-0045と記されています。

連絡先として表記されている電話番号は080-4346-0718で、これは一般的な携帯電話の番号であり、メールアドレスはkazukun.keio@gmail.comとなっています。

この事業所について、法人登記は既になされており、きちんとした会社として運営されていることが確認できます。

ただし、登記している電話番号が携帯電話であるという点から、会社の規模について一部疑問を感じます。

通常、個人が事業を行う場合などは携帯電話を登記に使用することが多く、規模の小さい会社でも携帯電話を利用して登記する事例は多く見受けられます。

なのでこれだけを見て判断するのは早計でしょう。

しかし、もしその会社が膨大な利益を上げているのだとすれば、これは少し違和感を覚えます。

また、登記されている所在地について見てみると、一般的なマンションを想像させる場所になっています。

特定商取引法が指定する表示要件を満たしていることから、登記自体には問題は無いように見受けられますが、それが企業の本社としての実態を持っているわけではないと考える方が適切かもしれません。

そして、森谷和正氏という名前から「かずくん」と呼ばれる人物との関連性を調べてみると、それはMIRAISEの推進者であり、物販oneを運営している人物かもしれないと推測できます。

この人物についての詳細は確認できていませんが、調査する価値はあるでしょう。

更に深掘りすると、彼のプロフィールには「1997年生まれで、慶應大学に入学したものの、企業設立を決意して休学し、成功を収めた」との記載があります。

なお、この内容は彼のTwitterの自己紹介でも言及されていることから、彼が実際に慶應大学の学生である可能性が高いです。

ただし、その学生証が偽造されていないかという疑わしい話もあります。

また、彼はTwitter上で自由奔放な様子を見せており、情報商材を販売する集団の一員だったとの噂もあります。

ただし、SNS上で一定の知名度を持つ人物の中には、そうした噂が立つことも珍しくありません。

LINEの「こはく」やMIRAISE(ミライズ)を中心に浮上する物販副業の疑問点について詳細に分析

物販副業を取り巻く情報の中には、しばしば不確定な部分が散見されます。

その中でも特に注目度が高いのが、「こはく」を名乗る一部の活動者やMIRAISE(ミライズ)についての分析が必要となってまいります。

まず先に、「こはく」について触れてみましょう。

LINEの新規登録誘導を通じて、この「こはく」の存在を知った方も多いかと思います。

しかしながら、その正体については、多くの中に疑問符を持つ方が大半を占めるでしょう。

インターネット上で行われる、例えばTwitterなどの調査を通じて、こうした誘導の背後には物販ビジネスを展開し、高級マンションで活動を行っているとの情報が公開されています。

それらの動きをまとめ上げた組織が、株式会社Smart Lifeという仮説も持ち込まれています。

別の注目すべき存在としてMIRAISE(ミライズ)が挙げられます。

とは言っても、ここで指摘したいのは、「MIRAISE(ミライズ)そのものが怪しい」という主張ではありません。

ここではむしろ、「MIRAISEが提供するビジネスモデルで収入を得られるかどうかが議論されるべきではないか」という観点を提唱したいと考えます。

物販ビジネスを行うと、商品の仕入れを行うことになりますし、その売上から経費を除いた利益が収入につながります。

商品を多く売ることで、例えば100万円の利益を上げることが可能と言えます。

しかし物販ビジネスには、商品の発送や梱包といった手間を伴う作業も付きまといます。

この部分を「副業」とするにあたって、時間的な課題が生じることも無視できません。

さらに、物販というビジネス分野では、商品の仕入れが必要不可欠な活動となりますから、初期投資も必要となるでしょう。

貯金、人脈、知識の3つが全くない状況から、この副業モデルが可能となるか疑問がわきます。

こうした類似の物販系副業の中には、例えば「無在庫転売」を掲げるものも存在しますが、物販における副業ビジネスが収益を上げられるか疑念が持たれるケースが多いのも事実と言えます。

加えて、オンラインスクールである「物販one」についても、その料金設定が過度に高額とされています。

その価格に見合った価値が本当にあるのか、実際に受講するまでわからない部分も否めません。

故に、その価値を判断するための基準も相応に高いものとなることは間違いありません。

プロフィールについて、そこまで絶対的な信頼性があるわけではないと個人的には感じています。

「こはく」という名前の持ち主が具体的に誰なのかを突き止めるのは困難で、LINEに登録をされる際に「こはく」という人物を登録させるような形に誘導されますよね。

これがどういった人物なのか気になる方は多いのではないでしょうか。

社会情報共有サービスのひとつであるTwitterで少しばかり探してみると、本業あるいはサイドビジネスとして物販を行いつつ高層マンションで生活をしている、と言った趣のアカウントもちらほらと目につきます。

そういった層の人々が集結し、彼らの共同体が株式会社Smart Lifeという組織の一部をなしているのかもしれません。

また、なんとなく違和感を覚えるかもしれない「MIRAISE(ミライズ)」というネームについてですが、この名称や彼らが提供している物販oneというサービス自体が疑わしい存在であると断じるつもりはありません。

しかし、これらを通じて稼げる可能性について問い詰められると、あやしいと感じるポイントは数多く存在しています。

その理由の一部として、物販ビジネスという性質上、常に仕入れを行う必要があることが挙げられるでしょう。

これは商品の粗利が実質的な利益となると考えられます。

例えば、膨大な数の商品を売りさばくことにより、約100万円という利益が発生すると想定することは可能です。

しかし、ここで問題となるのが、物販ビジネスを遂行するために必要な具体的な業務手順は一体どうなるのかという点です。

これがまだ明らかになっていません。

商品の発送や梱包といった根気のいる作業をしっかりと行わなければならないわけで、そのための時間を「副業」として確保するのが現実的に可能なのかという疑問が浮かんできます。

もしも時間に余裕がある大学生であれば話は別ですが。

加えて、初期の準備として0の状態、つまり貯金ゼロ、人脈ゼロ、知識ゼロから始めて物販ビジネスが実行できるのかという疑問もあります。

物販ビジネスとは商品を販売するために仕入れが必須となるわけですから、当初からある程度の費用がかかるのではないかという懸念も残ります。

これらを踏まえた上で、あくまで妥当な物販ビジネスの副業として捉えるならば、このような疑問点が浮かぶのは自然なことかもしれません。

さらに、物販系の副業であるということを前提にして、在庫を持たずに転売する「無在庫転売」のスタイルを採用しているケースもあります。

これらのサイドビジネスで本当に利益を得られるのか疑わしいと感じる事例が多い、というのが現実の一面です。

副業に関する悩みや問題がございましたら、私たちが全力でサポートさせていただきます。

また、副業に関する有益な情報を提供していますので、是非ともご利用ください。

特に、オンラインスクールの「物販one」に関しては、料金設定が少々高く感じられるかもしれません。

その価格に見合う価値が実際にあるのか否かは、私には正確には判断できませんが、その判断基準となるものが高いと感じるかもしれません。

結果として、「これは疑わしい」という印象を抱く人が増えてしまう傾向にあるのです。

その理由としては、支払っている金額に対して予想していた効果が得られないと感じる人が多いからです。

ただし、必ずしも全ての人がそう感じる訳ではなく、詐欺とまで糾弾する人も全てではありません。

参加者が10人いたとしましょう、そのうち10人全員が成功するとは思えませんよね。

それが高額なサービスであれば、なおさら否定的な意見が多く出るのは当然かもしれません。

その一例として、「MIRAISE(ミライズ)」というプログラムの評判はどうなのでしょうか。

それが本当に稼げるのか、それともダメなのかを調査するために、Twitterなどの口コミを見てみました。

結果的には、MIRAISE(ミライズ)で全く稼げないという評判はほとんど見当たらなかったのです。

しかし、驚くことにMIRAISE(ミライズ)は稼げるという報告が多く寄せられていました。

この状況に一見疑問を感じつつも、投稿しているアカウントを見てみると、その多くが同業者であることから、これは単なる広告ではないかと思わざるを得ません。

それにもかかわらず、それらの投稿が何度も何度も繰り返されることから、逆に「これは怪しい」と感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

それでも、稼げないとの評判をTwitterで見つけることはできなかったのは事実です。

この情報については今後も調査を続けていきますので、新たな情報が得られ次第、追記させていただきます。

また、我々のサイトではLINEでの情報提供も随時受け付けていますので、何か情報を持っている方はお気軽にご連絡ください。

友人追加を行うだけで副業に関する悩みなどの相談も受け付けておりますし、さらには優良な副業案件情報など、お得な情報も配信しています。

MIRAISE(ミライズ)についてまとめると、MIRAISE(ミライズ)や物販oneといったサービスが怪しいと感じる人が多いのは確かでしょう。

高額なスクールに誘導されるとなると、たとえ一般的でも疑いの目を向ける人は少なくないでしょう。

MIRAISE/物販oneの調査ポイントとしては、MIRAISEが物販oneというスクールへの誘導を行っている可能性があること、物販ビジネスでは仕入れなど初期費用が必ず発生すること、物販oneでは高額な料金が必要だという点などが挙げられます。

ただし、オンラインスクールの内容自体に問題があるとは思えません。

出費が非常に大きくなるため、それに見合うほどの効果が得られるかどうかは非常に疑問が持たれますね。

セドリという業務については、各自がかける労力と仕入れに費やす必要がある金額が絶対的に必要になりますので、これを「副業」とした場合に収入を上げることが可能なのか、というまともな疑問は現状に照らし合わせたら近いものがありますね。

「貯金ゼロ、人脈ゼロ、知識ゼロのビジネス初心者でもOK」と広告を出していますが、これは過大な広告表現と言えるでしょう。

10人中全員が予期する通りに利益を得ることができるとは、まず考えられません。

そんな意味で、副業として利益を上げることができるかどうか、という疑問を持つのは言うまでもありません。

さらに、物販one等の金額の大きなスクールへの加入を促される事実もあります。

そのようなコースが本当にその金額に見合った価値が存在するのかどうかは、個々の人により異なるので疑問視する声が上がっているのでしょう。

しかし、これが詐欺と断定できるか、と言われると、それは難しいところです。

必ず利益を得られるわけでは無い訳ですから、その見返りとして高い費用を支払うならば、その人なりの評価があり、それが詐欺とは一概には言えません。

本当に稼ぎやすい副業とは?

僕のブログでは実際に怪しい案件を検証し、
本当におすすめできる投資案件を紹介しています。

僕が実際に稼ぐことのできた案件

  • 参加が完全無料で、追加費用の心配がありません。
  • 速やかな対応を提供するサポートチームが用意されており、問い合わせに迅速に対応してくれます。
  • 1000人を超えるコミュニティが存在し、同じ目標を持つ仲間たちと情報交換が可能です。
  • 特別なスキルは不要で、設定さえすれば始められる

これらの環境が整っているため、投資を始めたばかりの初心者の方にも特におすすめします。

僕自身借金200万のマイナスからスタートしましたが、
投資を始めて

余裕のある豊かな生活へと変わりました。

安定した収入をお持ちの方は、このチャンスを逃さずに投資を始めることをお勧めします。

初めは不安かもしれませんが、行動せずにいると状況は変わりません。

時間を無駄にせず行動を起こすことが、大きなチャンスをつかむ鍵となります。

ここから公式LINEにてご相談ください!

\稼げる人続出と話題/